top of page

撮影データ

​写真データを最適化するPhoto Authoring

写真データの最適化する概念というアイディアは、音楽レコーディングのマスタリング作業がヒントになって誕生しました。

レベル補正やトーンカーブを動かしてレタッチすると、明度はUPしますが、データが圧縮されて目に見えないレベルで細部は潰れてしまいます。

この現象は、レコーディングスタジオで収録されてはっきりと聴こえて楽器の音やコーラスが、完成したCDアルバムに収録されると聞こえて来ない。原因はCDに収録できるレベル帯域(LPレコードよりは狭い)の外に存在する音が再生されないのです。

写真データも同じで、実はカメラはきちんと記録しているのに、カメラやパソコンのモニター画面ではよく見えない。最適化することで、この見えてこない部分を見えるようにすることが、最適化作業の軸になる部分です。

RAWデータをJPEGデータなどに変換するRAW現像や、修正を目的にした多くのレタッチ作業と、最適化(Photo Authoring)は根本的に目的が違うのです。日本和紙写真協会のWashigraphPhotoの昼いなき再現性は、このPhoto Authoringによって支えられたいます。

ちなみに、最適化をPhoto Authoringと命名しましたが、オーリサリングとは焼き付けという意味です。田中伸明

スクリーンショット 2024-03-15 19.49_edited.jpg

紙作りの伝統によって誕生した最高峰の写真用紙

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。

bottom of page