1章 和紙写真にこだわる理由

1.プリントして初めて写真は完成する

撮影データのままでは未完成。紙にプリントして初めて、写真としてその存在が完結できるのです。

紙本来の風合いに、画像データが結像したことで誕生する質感が、その写真の魅力です。

インターネット上に溢れている写真画像は、画像を記録したデータでしかないのです。

​​写真家の荒木経惟氏は、「プリントしない写真は成仏できていない」というニュアンスで、写真プリントの重要性を解説しています。
 

2.未完成のままのカラープリントシステム
モノクロームの銀塩印画紙写真は、様々な手法で​100年単位で保存できる美術品になることができましたが、カラーの銀塩印画紙プリントは、数年間で変色や退色する問題を未解決のまま、フィルム写真の時代は実質的に終焉し、デジタルプリントの時代に突入してしまったのです。

高価な一部の特殊写真プリントを除くと、一般的なインクジェットプリントは、数年で退色してしまう写真プリントです。

保存性を高めるために金やセレン金属などの、調色加工されたモノクローム銀塩印画紙写真を保存するミュージアムは世界中に数多く存在しますが、カラー写真を美術品や歴史的な所蔵物として取り扱うミュージアムは、​一般的には存在しないのが現状です。

3.海外では写真は美術品として売買される

私は個人の写真家として、1994年にフランス・パリ、ルーブル美術館の入っている施設の地下にある大規模展覧会場で開催された国際写真展である「fotofever」にて、三菱印画紙とゼロックスによって開発された、パール素材を盛り込んだデジタルプリントした全裸作品を発表しました。

「fotofever」は、世界各国の写真家が作品を自由に売価をつけて展示する巨大写真展です。この時のヨーロッパには、写真を美術品として高額でコレクションしている一般人の存在に気がつきました。

​ロシアのオレンブルク美術館でJapan WashiPhoto Exhibitionを開催したことで、現地のアート会社とWashigraphPhoto (和紙写真)の売買に関する契約を結びました。

4.和紙写真に行き着いた理由

徳島県の吉野川市にあるアワガミファクトリーのプリンティングディレクター・郷司史郎さんが手がける手漉き和紙は、10色の顔料を使用した高密度のプリントです。油性インクを使用していないことと、手漉き和紙の表面に日本伝統のオーガニックな塗料を塗っていることで、数百年単位の保存性を誇る写真プリントです。

微細な部分まで豊かな階調を再現できるモノクローム写真、鮮明な色彩を奥深くまで再現できるカラー写真は、絵画の複製画に使用されるジークレープリントよりも豊かな再現性を持ち合わせた写真プリントです。

ロシア州立オレンブルク美術館に展示された和紙写真は、ロシアのメディアから「光の版画」と賞賛されました。

写真データを美術品として価値を高める上で、和紙写真(WashigraphPhoto)は最適な写真プリントだと言えるでしょう。

5.和紙写真を表装した作品が海外では大人気

日本和紙写真協会で、「和紙写真と表装文化研究会」を発足させました。

会の座長はWashigraphPhoto掛け軸や屏風などに表装した表具作品を積極的に発表しているシアン・ニクレルさん。

iPhone写真のWashigraphPhotoを表装で連結し、10メートルの絵巻にした砂田節子さん。

花鳥画のオマージュともいえる、雀のいる枯野の写真を屏風に仕上げた瀧脇雅之さんの作品も、ロシアのオレンブルク美術館での展覧会では、日本画のワークショップの教材にされるまで人気が集まりました。

​6.世界を魅了する日本の表具文化の一環としてWashigraphPhotoを位置づけたい

紙としてのしなやかさな丈夫さ、自然な風合いのきめ細やかさ、圧倒的な保存性の高さを理由として、手漉き和紙は100年以上も前から版画の世界では人気があり、特に日本製はその品質の高さで画家の間では珍重されてきた歴史があります。

ただし、本物の日本製の手漉き和紙は西洋では非常に高価で、有名版画作家でも摺り数の一部にしか使用されず、別エディションとして、コレクターの間では一般紙の何倍もの価値があるそうです。

掛け軸、屏風などは、和紙に描かれた画作品を、補強する和紙と何種類かの布で張り合わせ、木材や金属をつかってデザインしたアート作品です。その他にも、襖絵や絵巻き、扇子、灯籠なども同じように和紙を表装した伝統工芸品で、一般的には表具と呼びます。和紙写真を表装することで、日本で独自に進化した表具文化との融合が実現しています。

日本の表装文化は千年以上の歴史を誇りますが、接着や加工材料に天然素材を使用しているため、長期間保管しても変色がほとんどありません。また、補修や保管の技術の習得を求めて、世界中の美術館や博物館から修復師の育成を図っています。

茶道や華道や舞踊などの世界とも精通しており、最近の全世界的な日本ブームもあって、和紙写真による表具作品はアートとして人気が高いです。

日本和紙写真協会は、こうした人気の架け橋になりたいと思っています。