日本和紙写真協会の活動指針

◎日本以外の海外の写真家も参加した写真家集団を目指します。

◎国際博物館会議 :ICOM との連携を図り、国内外の美術館施設でのWashigraph展を企画します。

◎写真家の作家活動を様々な角度から支援を積極的に行います。

◎理想的な環境では数百年単位の保存性がある和紙。様々な修復伝統技術が培われている和紙を表装した美術品(掛け軸、屏風などの表具作品)と、Washigraphとのコラボ作品を開発します。

Washigraphとは

財団法人阿波和紙伝統産業会館が主宰するアワガミファクトリーが生産する、伝統に培われた阿波和紙を特殊加工したプロ向け写真用紙と写真データを約10色の高密度デジタルプリント技術を施した写真プリントがWashigraphです。(一派的なインクジェットプリンター用の市販和紙洋紙とは全く別物)

また、Washigraphを誕生させるには、人の視聴領域に音楽データを最適化させるマスタリング作業のように、撮影データをプリント用に限界まで再現するためのデータ最適化プロセスであるPhoto Authoring作業が必要になります。

国際博物館会議:ICOM との関係性

International Council of Museums(世界博物館会議):ICOMとは、世界137カ国のミュージアム(博物館、美術館)に所属するキュレーターや専門家で構成されているパリのユネスコビルに本部を持つ世界組織です。

全世界で約35000人のICOMの会員は、ICOMに参加する博物館・美術館などを無料で拝観出来る他に、様々なイベントへの参加やサイト上の交流ネットワークシステムを利用できます。

日本和紙写真協会の活動が、ICOMの日本事務局である公益財団日本博物館協会 に評価されたことで、現在日本和紙写真協会の事務局スタッフや会員の有志が、パリ本部で発行されたICOM のメンバーズカードを所有し、多様なジャンルで構成される国際委員会に所属しています。

会員向け情報

◎写真データを送るときはトラブルを避けるためにルールを守ってください。 こちらを参照

​◎Washigraphをオーダーする。手順の解説  パソコンから注文  スマホから注文

​◎個人講座、ネット会議コーチングを希望するときは専用フォームから申し込んでください。 PCから申し込み  スマホから申し込み

◎会員向け情報の進捗は、FBページで配信しています。

​◎日本和紙写真協会のインスタグラムができました。

 

​写真や名前をクリックすると、会員のパーソナルギャラリーのページが開きます

0-1.jpg
84092352_2760689450719293_56286390031556
​名誉会員

山本 直洋

プロのモーターパラグライダー写真家

​世界7大陸の最高峰の空撮を準備中

塚本 猪一郎

tsukamoto iichiro

​画家、版画家、造形作家

日本和紙写真協会事務局スタッフ 

​名前をクリックするとFacebookにリンクされます

会長

田中伸明

​Wikipedia

いつか役に立つ写真講座

写真家サイト

​ARTROOM

​運営委員

映像作家

​宮部勝之

事務局

​​プレス担当

日高裕子

事務局

IT担当​​

新久保昌人

事務局

IT担当​​

​北村義昭