シアン・ニクレル

滋賀県在住

​国際博物館会議 :ICOM 会員申請中

日本和紙写真協会に入会の目的・きっかけ

会長が ICOM(国際博物館会議)京都大会に、日本人で唯一参加を許されたPhotographerと知って、興味を持ちリンクを辿った結果、 日本和紙写真協会員の募集を知りました。

今迄独学で撮ってきて殆ど入賞歴も無く写真が上手くなりたい一心でしたが、 ダメ元で連絡を取った結果 、OKが出て入会できました。

日本和紙写真協会に入って良かったこと

今までとても狭い世界で生きてきたので 世界が広がった

撮影のテクニックやPSの使い方のみなら、ず 写真はアートに昇華できることが判った。

自身の作品テーマについて

「MIYABI」: 雅  

とにかく「綺麗!」って言ってもらえるWashigraphを創造すること。

Washigraphの魅力について

写真を単に和紙に印刷しただけのものでは無く、 似て非なるもの 写真でもなく、 絵画でもなく 新しいアート。

その他

撮影技術やPSの使用方法は随分と学習させて頂きましたが、如何せん未だ実技が伴いません。

特にPSでは テクニックよりも何処をオーサリングするべきなのかという 光を読む力が圧倒的に足りません。

もっともっと見る目を養う必要があります。

その為には集団コーチングでのお話いただいている様な 総合的な視線が必要なのだと実感しています。

スクリーンショット 2021-02-03 14.51.14.png