スマホカメラ会員の募集

スマホカメラとタブレットカメラに限定した会員枠で、アートに興味のあるカメラの未経験者を優遇します。

​新しい写真の時代を切り開く、ムーブメントを起こしたいと思っています。

従来の様式のカメラを所有しなくても、ジャンルにとらわれない写真アートを追求できる時代に突入しました。

日常的な写真記録だけでなく、取材写真や商品撮影の現場でも、現在の写真撮影は失敗のないスマホカメラが主流となりつつあります。

スマホカメラ会員は、こうして台頭する若い脱カメラ世代の存在、到来しつつあるカメラを介さない新写真時代のアーティストを見据えて、才能の発掘と育成を目的に設立しました。

月額1000円の会費で、zoomなどのリモートシステムにより、様々なスキルアップのプログラムにも参加できます。また、​本人の希望と事務局の承認があれば、作家会員に昇格することも可能です。

スクリーンショット 2021-09-13 9.44.07.png

この写真集の著者である砂田節子会員は、

カメラを持っていません。

iPhoneかめら専門の写真家です。

​iPhoneカメラでもwashigraphPhoto の制作は可能です

​想定される出費

会費の支払い

◎月額1000円

支払いはPayPal決済に限定。79円かかりますが、非常に手軽にお振り込みできます。

​毎月の月頭にご請求のメールが届きますので、面倒なやりとりも生じません。

 

和紙写真

定期的にWshigraphPhoto (手漉き和紙写真)作品の制作をお願いします。

データのPhoto Authoring(最適化)を施します。入稿データは撮影者に進呈。

​和紙写真を掛け軸や蒔絵など表装することが可能です。

写真集

写真集への作品掲載。

年に1度、会員の作品を集めた写真集を定期的に制作します。

製作費は無しで、実費数千円程度の金額で販売します。

 

​展覧会

事務局が承認した作品は、ロシアなど海外への展覧会などへの出展可能です。参加料は実費のみです。

​会員特典

◎作品制作の思考術のカウンセリングや、写真技術の習得の個人的なサポート(担当:林治委員長)​

◎撮影作業の組み立て術と、Photo Authoring(データの最適化)の一貫指導(担当:田中伸明会長)

◎WashigraphPhoto作品制作のための、最適化データの作成(進呈)と入稿手配

◎ZOOM coachingプログラムの受講(担当:田中伸明会長)

◎ZOOM飲み会への参加(担当:林治委員長 会員内での親密性を高めるために定期的に開催しています)

◎ZOOM勉強会への参加 (担当:林治委員長)

◎和紙写真協会(Washi Photo Association)主催のClubhouse番組への参加

◎各種イベントへの参加資格あるいは優待 

◎国内外の展覧会への登竜門(継続中のロシア各都市でのミュージアム施設でのJapan WashiPhoto Association)

◎会員の作品を集めて写真集への参加 

◎会員名刺の制作(実費) 

​入会申し込み

 下記のボタンをクリックして入稿フォームに記載してください。

事務局とメールでやりとりをしていただき、事務局の承認委員会が入会審査を行います。

ご質問だけでも構いません。

​窓口は、会員のフォローを担当している林治委員長が担当します。